It works from those who believe.

村上春樹は、こう書きだした。

「風の歌を聴け」1979年 (昭和54年)  完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。 There is no perfect sentence. Just as there is no perfect despair. 「1973年のピンボール」1980年 (昭和55年)  見知らぬ土地の話を聞くのが病的に好きだった。 I was morbidly fond of […]

安部公房は、こう書きだした。

「赤い繭」1950年 (昭和25年)  日が暮れかかる。人はねぐらに急ぐときだが、おれには帰る家がない。 The day goes by. People have a rushing color in the roost, and I have no home to go home. 「壁」1951年 (昭和26年)  目を覚ましました。朝、目を覚ますということは、いつもあることで、別に変ったこと […]

芥川龍之介は、こう書きだした。

「羅生門」1915年(大正4年) ある日の暮方の事である。一人の下人げにんが、羅生門らしょうもんの下で雨やみを待っていた。 It’s the way of life one day. A servant was waiting for the rain under Rashomon. 「鼻」1916年(大正5年) 禅智内供ぜんちないぐの鼻と云えば、池いけの尾おで知らない者はない。 Sp […]

夏目漱石は、こう書きだした。

「吾輩は猫である」1905年(明治38年) 吾輩は猫である。名前はまだない。 I am a cat. there is no name yet. 「倫敦塔」1905年(明治38年) 二年の留学中ただ一度倫敦塔ロンドンとうを見物した事がある。 Only once during my two years studying abroad in London I have seen the tower. […]

無限にあふれるアイデア「ランダム刺激発想法」

ランダム刺激発想法とは あなたが解決したい課題に対して、ランダムな外的刺激を与えることで、アイデアはあなたの心の中で新しいパターンを形成します。ランダムなオブジェクトとの間の関係を強制的に作成することで、新しいパターンや新しい思考プロセスが生まれます。練習すればするほど、まったく異なるものの間のつながりや関連性が見え始め、より独創的な新しいアイデアが浮かび上がってきます。 ランダム刺激発想法のやり […]

敵の敵は味方「アンチプロブレム発想法」

アンチプロブレム発想法とは 直面している課題とは正反対の 問題を解決するアイデアを出します。 考えられる最悪のソリューションや、クライアントに対して選ばないように説得するならどんな提案をするか?など。 最も非効率かつ逆効果である方法を考えた後、そのアイデアの真逆に本来探していた答えを求める発想法です。 普段と異なる発想法を試してみることは、脳にとっても大きな刺激になり有益です。 どんな時に有効か […]

6つの視点で発見「シックスハット・メソッド」

思考を切り替える6つの帽子 シックスハット・メソッドは、創造的思考分野のリーダーであるエドワード・デ・ボノによって1985年に開発されました。 これは、一般にブレーンストーミングおよび意思決定方法として知られている、水平思考に基づくシンプルで効果的な方法です。 異なる色の帽子で表される6つの思考スタイルを説明し、それぞれの帽子は異なる視点を表します。 <6つの思考から手に入る6つの視点> ◆白の帽 […]

アイデアの嵐「ブレーンストーミング」

ブレーンストーミングとは ブレーンストーミングを直訳すると、脳の嵐。 創造的な解決策の嵐で、問題を本質的な解決策を洗い出すために自分の脳を使用します。 これは、アイデアを生み出し、創造性を刺激するために使用される手法です。 アイデアが必要になったときにいつでも手法を組み込むことができます。 ブレーンストーミングは通常グループで使用されます ブレーンストーミングの方法を理解すると、次のことが簡単にな […]

視野を扇状に拡大「コンセプトファン」

「なぜ」をキーワードに視野を広げよう ある課題から、論理的に視野を拡大させ思考していける発想方法。 紙面で展開すると、扇のように思考の枝葉が広がっていく事から、 コンセプトファンと呼ばれています。 思考プロセス (1) 解決したい課題をピックアップする。 (2) その右側に思いついた解決策を書く。 (3) 問題の前提条件を見直すために、その左側に、   なぜその問題が生じているのか原因を書く。 ( […]

日本人心理学者が細分化「マレーの欲求リスト」改

マレーの欲求リストの進化版 マレーの欲求リストは、大別すると「臓器発生的欲求」と「心理発生的欲求」の2つがありますが、そのうち28種類あった「心理発生的欲求」を、更に細分化し59種類に拡大した日本人学者がいます。心理学者である「荻野七重」氏とイギリス文学者の「斎藤勇」氏です。11種類あった「臓器発生的欲求」と合わせると、合計で70種類の欲求に分類されたことになります。 マレーが提示した欲求と比較し […]

CATEGORY カテゴリ最新記事