MONTH

0年0月

宮沢賢治はこう書きだした。

「銀河鉄道の夜」(未定稿) 「ではみなさんは、そういうふうに川だと言いわれたり、乳ちちの流ながれたあとだと言いわれたりしていた、このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知しょうちですか」先生は、黒板こくばんにつるした大きな黒い星座せいざの図の、上から下へ白くけぶった銀河帯ぎんがたいのようなところを指さしながら、みんなに問といをかけました。 “Are you all right? It […]

江戸川乱歩はこう書きだした。

「D坂の殺人事件」1925年 (大正14年)  それは九月初旬のある蒸し暑い晩のことであった。私は、D坂の大通りの中程にある、白梅軒はくばいけんという、行きつけのカフェで、冷しコーヒーを啜すすっていた。 It was a hot and humid evening in early September. I was sipping cold coffee at my favorite cafe, […]