ブレーンストーミングとは

ブレーンストーミングを直訳すると、脳の嵐。
創造的な解決策の嵐で、問題を本質的な解決策を洗い出すために自分の脳を使用します。
これは、アイデアを生み出し、創造性を刺激するために使用される手法です。
アイデアが必要になったときにいつでも手法を組み込むことができます。
ブレーンストーミングは通常グループで使用されます
ブレーンストーミングの方法を理解すると、次のことが簡単になります。

・あらゆる可能性を考慮する。
・コラボレーションを促進する。
・創造的な燃え尽き症候群をなくす。
・客観的な視点を集める。
・短時間で多くのアイデアを生みだす。
・創造性と革新を生みだす。

インスピレーションは想定していない時に閃くとよく言われます。
アイデアを考え始めるとすぐに頭が真っ白になるという人は多いですが、それはあなたがアイデアを探しに行っている場所に、まだ答えと結びつく要素が何もない状態を意味します。
時に活用できる発想法がブレーンストーミングです。
それらをコラボレーションさせることで思考が促進され、最高のアイデアを生み出します。
ブレインストーミングを実践するために、次の4つの手順に従ってください。

ブレーンストーミングのやり方

1.量を優先する
2.批判しない
3.珍しいアイデアを歓迎する
4.アイデアを組み合わせ改善する

1.量を優先する

「量より質」という言葉がりますが、ブレーンストーミングに関しては正反対のことが当てはまります。アイデアは多ければ多いほど歓迎されます。
1つのビッグアイデアを考えるのではなく、できるだけ多くのアイデアを考え出すために「量」に焦点を当てて努力してください。選択肢が増え他の人に新しいアイデアを考えさせるヒントができます。優秀とは言えないアイデアも、良いアイデアにつながる可能性があります。 共有されるアイデアが多ければ多いほど、役立つアイデアが増える可能性が高くなります。

2.批判しない

ブレーンストーミングに否定はありえません。あるアイデアが他のアイデアより優れているという事はなく、アイデアを批判することで共有されるアイデアの数が制限され、品質よりも量を優先するという最初のルールに抵触します。 「間違っている」または「馬鹿げている」という批判を恐れることなく、考えやアイデアを自由に共有できる環境が生まれると、より多くのアイデアを共有するだけでなく、楽しくて馬鹿げたアイデアが共有される可能性も高くなります。異常なアイデアはブレーンストーミングの鍵となります。

3.珍しいアイデアを歓迎する

どんなに奇抜でも、すべてのアイデアを表現するように促します。ユニークで珍しい風変わりなアイデアは、常に実現可能であるとは限りませんが、これまで考えもしなかった革新的なソリューションに繋がる可能性があります。 型破りなアイデアを歓迎することは、創造性を刺激し共有されるアイデアの数を増やします。 オズボーンは、新しいアイデアを考えるより、突飛なアイデアをトーンダウンする方が簡単とも言っています。

4.アイデアを組み合わせ改善する

生まれてきた全てのアイデアが有用であるとは言えませんが、それらをインスピレーションに使用することはできます。アイデアは組み合わせることで新しいソリューションを生みだすことがあります。各アイデアを評価して、実行可能で革新的で、目標を達成するのに最適なアイデアにつなげられないか。それらのアイデアに便乗し、改善または同様の代替案を提案していきます。それがあなたのアイデアでなくても、あなたはそれをより良くすることはできるのです。

ブレーンストーミングの歴史

当時、広告会社のエグゼクティブであったアレックス・オズボーンは、1941年に、従来のビジネス会議が新しいアイデアを共有するための理想的な環境ではないと気付き、初めてこの用語を作り出しました。彼は人々に批判を恐れることなく自由に考える方法を模索していました。
これらの原則により、オズボーンは効果的なブレーンストーミングの4つのルールを確立したのです。
・量に焦点を合わせ
・批判を差し控え
・珍しいアイデアを歓迎し
・アイデアを組み合わせて改善する

これらのルールの目的は、チームの一人ひとりがユニークな方法で考えることを可能にすることで、創造的でばかげたアイデアを促進する環境をつくるため。

ブレーンストーミングの注意点

初めてブレーンストーミングを実施する場合は、下記4つの視点を正しく共有してから始めることが非常に重要です。

1.量を優先する
2.批判しない
3.珍しいアイデアを歓迎する
4.アイデアを組み合わせ改善する

また、ブレーンストーミングは特定の問題や目標を解決するために行われます。終わりを意識せずにブレインストーミングを行うと、目標や解決策から離れて作業することにつながる可能性があります。 もしあなたが会議のファシリテーター(進行役)を務めるのであれば、これを意識することで会議の質を高めることが可能です。
個人的なプロジェクトや目標のために自分でブレインストーミングを行う場合でも、チームの一員として作業する場合でも、目標を理解した上で行うことが基本になります。