6つの視点で発見「シックスハット・メソッド」

思考を切り替える6つの帽子

シックスハット・メソッドは、創造的思考分野のリーダーであるエドワード・デ・ボノによって1985年に開発されました。 これは、一般にブレーンストーミングおよび意思決定方法として知られている、水平思考に基づくシンプルで効果的な方法です。
異なる色の帽子で表される6つの思考スタイルを説明し、それぞれの帽子は異なる視点を表します。

<6つの思考から手に入る6つの視点>
◆白の帽子=客観的な視点
◆赤の帽子=感情的な視点
◆黒の帽子=消極的な視点
◆黄の帽子=積極的な視点
◆緑の帽子=革新的な視点
◆青の帽子=分析的な視点

アイデアの生成プロセス中に使用して、アイデアの可能性を比較する上でに大いに役立ちます。様々な視点から物事を捉えることで、自身やチームの生産性を高め、アイデアに集中できるようになります。また、このメソッドから得られた分析は意思決定プロセスにも使用できます。アイデアのさまざまな視点を浮き彫りにし、それらをさらに洗練し、アイデアプロセスの次のステップに備える能力につながっていきます。

白の帽子(データ、事実、数字)

ホワイトハットは、アイデアに関する入手可能なデータと事実に焦点を当てた中立的な質問のアプローです。関連する問いかけは…
「入手可能な情報は何か?」
「私たちが持っている事実は何か?」

これらの質問の目的は、議論されるアイデアに関して客観的なデータ、事実、および数字を把握することです。主観を挟まず、仮説も立てません。知りたい情報や、足りない情報に関して言及することは可能です。

赤の帽子(感情と直感)

レッドハットは感情を表し、直感、体の反応、感情を使用してアイデアへの洞察を向上させます。この帽子を着用すると、チームはアイデアに対する感情や感情を表現できるようになります。関連する問いかけは…
「このアイデアについてどう思うか?」
「このアイデアに対して生まれた感情は?」

これらの質問の目的は、感情の背後にある理由を理解することではなく、アイデアに関するさまざまな感情的反応です。「うれしい」「楽しい」「寂しい」など、あくまで感情で表現します。論理的な話はおこないません。

黒の帽子(注意とリスク)

慎重かつ防御的にアイデアについて考えるようにナビゲートされます。 このアプローチの目的は、警告、リスクまたは注意に焦点を当て、困難と弱点を見つけることです。 関連する問いかけは…
「アイデアの潜在的なリスクは何か?」
「なぜそのアイデアはうまくいかないのか?」

この帽子の目的は、アイデアの弱点を強調し、それらを排除するとともに、アイデアの洗練と改善を行うことです。

黄の帽子(楽観的)

ブラックハットと対照的に、イエローハットはアイデアの論理的な楽観的評価に疑問を投げかけます。 このアプローチの目的は、アイデアの価値を決定する際に役立ち、理解も向上させます。 関連する問いかけは…
「アイデアの利点は何か?」
「なぜこのアイデアが良いと思うか?」

緑の帽子(アイデア)

グリーンハットは、既存のアイデアから新しいアイデア、可能性、代替案を生み出すことを目的とした創造的な思考を表しています。この帽子を使用すると、以前に定義されたアイデアの問題に対する新しいソリューションを開発したり、創造的な観点から新しいアイデアを探したりすることができます。関連する問いかけは…
「どんな改善点がある?」
「どんうすればうまくいくと思う?」

青の帽子(コントロール)

青い帽子はアイデアの概要に関連付けられます。青い帽子は次に乗り組むべきステップを整理し、行動計画を提案し、アイデアの目的を設定します。また、アイデアの可能性を要約して結論付けるためにも使用されます。関連する問いかけは…
「要約すると…」

アイデア生成における6つの思考の帽子の適用

それぞれのアイデアについて自分の考えを個別に表現し、最終的にすべてのアイデアを統合することは有益です。
「白の帽子」を身に着けてている時は、持っているデータを分析します。
必要なリソースがあるか。この設計のための技術があるか。など、提案されたアイデアに関する事実について話し合うことができます。
「黄色の帽子」は、アイデアの利点とプラスの影響を特定するのに役立ちます。
「黒の帽子」は、販売と生産に悪影響を与える可能性のある潜在的な不利益、リスク、および困難を私たちに思い出させるためにあります。
「赤の帽子」を使用すると、チームのアイデアに対する感情や感情を簡単に理解できます。
「緑の帽子」は創造的で革新的な視点から新しいデザインのアイデアを考えさせます。この帽子は、元のアイデアを改善するために新しいアイデアをもたらし、結び付けるのに役立ちます。
青の帽子」はすべてを要約し、アイデアが十分に分析されていることを確認します。

実現すること

・創造的な思考と生産的で集中的なコラボレーションを最大化
・アイデアのあらゆる角度からの理解
・チャンスとメリットを発見し再定義
・潜在的な問題、リスク、および問題を検討および分析
・選択プロセスのアイデアをタイムリーに改善
・意思決定を成功させるための確固たる基盤の構築

シックスハットメソッドの注意点

・プレインストーミングのルールと同様に下記4点を遵守する。
・現在の色以外の意見は言わない。
・色と違う視点の意見が出た時は、「色の違い」であることを指摘する。

※実際に会議に参加するメンバー分の帽子を用意することは難しいと思いますが、
誰がどの視点を担当しているのかが分かれば形式は問いません。
各色のプラカードや折り紙や名札、プロジェクターの画面などで応用が可能です。
強制的に視点を切り替えることで、アイデアが促進されます。

最新情報をチェックしよう!