夏目漱石は、こう書きだした。

「吾輩は猫である」1905年(明治38年)

吾輩は猫である。名前はまだない。
I am a cat. there is no name yet.

「倫敦塔」1905年(明治38年)

二年の留学中ただ一度倫敦塔ロンドンとうを見物した事がある。
Only once during my two years studying abroad in London I have seen the tower.

「坊っちゃん」1905年(明治38年)

親譲おやゆずりの無鉄砲むてっぽうで小供の時から損ばかりしている。
I have been terrible since I was a child because of the courage to inherit my parents.

「草枕」1906年(明治39年)

山路やまみちを登りながら、こう考えた。
に働けばかどが立つ。じょうさおさせば流される。意地をとおせば窮屈きゅうくつだ。とかくに人の世は住みにくい。
While climbing the mountain road, I thought like this. If you move only by reason, you will collide with others, and if you care about the emotions of others, you will be useless. It’s cramped if you’re willing. Anyway, the world of people is hard to live in.

「二百十日」1906年(明治39年)

ぶらりと両手をげたまま、けいさんがどこからか帰って来る。
Kei returns from somewhere with both hands hanging down.

「野分」1907年(明治40年)

白井道也しらいどうやは文学者である。
Doya Shirai is a literary person.

「虞美人草」1907年(明治40年)

「随分遠いね。元来がんらいどこから登るのだ」
一人ひとり手巾ハンケチひたいを拭きながら立ちどまった。
“It’s a long way away. Where did you originally climb from?”
Each one stayed while wiping his forehead with a handkerchief.

「坑夫」1908年(明治41年)

さっきから松原を通ってるんだが、松原と云うものは絵で見たよりもよっぽど長いもんだ。
I’ve been passing through Matsubara since a while ago, but Matsubara is much longer than I saw in the picture.

「三四郎」1908年(明治41年)

うとうととして目がさめると女はいつのまにか、隣のじいさんと話を始めている。
When she wakes up, the woman begins to talk to her grandfather next door.

「それから」1909年(明治42年)

誰かあわただしく門前をけて行く足音がした時、代助だいすけの頭の中には、大きな俎下駄まないたげたくうから、ぶら下っていた。
When someone rushed to the front of the gate and heard footsteps, Daisuke’s head was hung from the sky with big clogs.

「門」1910年(明治43年)

宗助そうすけ先刻さっきから縁側えんがわ坐蒲団ざぶとんを持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐あぐらをかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共に、ごろりと横になった。
Sosuke took out the futon to the porch from a while ago and looked at it comfortably in a place where it seemed to be sunny, but before long he threw out the magazine he had in his hand and lay down.

「彼岸過迄」1912年(明治45年)

敬太郎けいたろうはそれほどげんの見えないこの間からの運動と奔走に少し厭気いやきして来た。
Keitaro has been a little reluctant to exercise and struggle during this time, which is not so effective.

「行人」1912年(大正元年)

梅田うめだ停車場ステーションりるやいなや自分は母からいいつけられた通り、すぐくるまやとって岡田おかだの家にけさせた。
As soon as I got off the stop in Umeda, I immediately hired a rickshaw to run to Okada’s house, as my mother told me.

「こころ」1914年(大正3年)

わたくしはその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。
I always called him a teacher. So even here, I can’t confess my real name just by writing with the teacher.

「道草」1915年(大正4年)

健三けんぞうが遠い所から帰って来て駒込こまごめの奥に世帯しょたいを持ったのは東京を出てから何年目になるだろう。彼は故郷の土を踏む珍らしさのうちに一種のさびさえ感じた。
How many years has it been since Kenzo returned from a distant place and had a household in the back of Komagome after leaving Tokyo? He even felt a kind of loneliness in the unusualness of stepping on the soil of his hometown.

「明暗」1916年(大正5年)

医者はさぐりを入れたあとで、手術台の上から津田つだおろした。
The doctor lowered Tsuda from the operating table after putting in the search.
夏目漱石(なつめ そうせき、Natsume Soseki、1867年2月9日〈慶応3年1月5日〉 – 1916年〈大正5年〉12月9日)
最新情報をチェックしよう!

小説の最新記事8件