安部公房は、こう書きだした。

赤い繭」1950年 (昭和25年) 

日が暮れかかる。人はねぐらに急ぐときだが、おれには帰る家がない。

The day goes by. People have a rushing color in the roost, and I have no home to go home.

「壁」1951年 (昭和26年) 

目を覚ましました。朝、目を覚ますということは、いつもあることで、別に変ったことではありません。しかし、何が変なのでしょう? 何かしら変なのです。
I woke up. Waking up in the morning is always something that hasn’t changed. But what’s weird? Something is strange.

「砂の女」1962年(昭和37年

八月のある日、男が一人、行方不明になった。休暇を利用して、汽車で半日ばかりの海岸に出掛けたきり、消息をたってしまったのだ。捜索願も、新開広告も、すべて無駄におわった。

One day in August, a man went missing. Taking advantage of his vacation, he took a train to the beach for about half a day and lost his news. The search request and the new advertisement were all wasted.

「箱男」1973年(昭和48年)

これは箱男についての記録である。ぼくは今、この記録を箱のなかで書きはじめている。

This is a record of a man who is a box. I’m now starting to write this record in the box.

「カンガルー・ノート」1991年(平成3年

いつもどおりの朝になるはずだった。

It was supposed to be the usual morning.

 

安部公房(あべ こうぼう、Abe Koubou 1924年3月7日 – 1993年1月22日)

最新情報をチェックしよう!

小説の最新記事8件