江戸川乱歩はこう書きだした。

「D坂の殺人事件」1925年 (大正14年) 

それは九月初旬のある蒸し暑い晩のことであった。私は、D坂の大通りの中程にある、白梅軒はくばいけんという、行きつけのカフェで、冷しコーヒーをすすっていた。

It was a hot and humid evening in early September. I was sipping cold coffee at my favorite cafe, Hakubaiken, in the middle of the main street of D slope.

「パノラマ島綺譚」1925年(大正14年

同じM県に住んでいる人でも、多くは気づかないでいるかも知れません。

Many people who live in the same M prefecture may not be aware of it.

「鏡地獄」1926年(大正15年

「珍らしい話とおっしゃるのですか、それではこんな話はどうでしょう」

“You say it’s a rare story, so what about this story?”

「怪人二十面相」1936年(昭和11

そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。

At that time, in the towns of Tokyo and the houses of houses, there were rumors of the monster “Twenty Faces” as if two or more people met each other, as if they were greeting the weather.

「芋虫1929年(昭和4

時子は、母屋にいとまを告げて、もう薄暗くなった、雑草のしげるにまかせ、荒れはてた広い庭を、彼女たち夫婦の住まいである離れ座敷の方へ歩きながら、いましがたも、母屋の主人の予備少尉から言われた、いつものきまりきった褒め言葉を、まことに変てこな気持で、彼女のいちばん嫌いな茄子の鴫焼しぎやきを、ぐにゃりと噛んだあとの味で、思い出していた。

Tokiko tells the main house that she is a lieutenant, leaving it to the dimly lit weeds, and walking through the large, desolate garden toward the detached room where the couple live. However, the taste after chewing on her most disliked eggplant, sandpiper, with a strange feeling, the usual compliment that was said by the reserve lieutenant of the owner of the main house. So I remembered.

「少年探偵団1937年(昭和12年

そいつは全身、墨を塗ったような、おそろしくまっ黒なやつだということでした。

It was a terrifyingly black guy with a whole body, like ink.

「黒蜥蜴1934年(昭和9

この国でも一夜に数千羽の七面鳥がしめられるという、あるクリスマス・イヴの出来事だ。

It’s a Christmas Eve event in which thousands of turkeys are slaughtered overnight in this country as well.

「人間椅子」1925年(大正14

佳子よしこは、毎朝、夫の登庁とうちょうを見送ってしまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館の方の、夫と共用の書斎へ、とじこもるのが例になっていた。

When Yoshiko sees off her husband’s office and house every morning, it’s always past ten o’clock, but at last she becomes her own body and stays in the study room shared with her husband in the Western-style building. It was a daily routine.

「屋根裏の散歩者1925年(大正14

多分それは一種の精神病ででもあったのでしょう。郷田三郎ごうださぶろうは、どんな遊びも、どんな職業も、何をやって見ても、一向この世が面白くないのでした。

Maybe it was also a kind of mental illness. Saburo Goda, no matter what kind of play, any profession, or whatever he did, the world was not interesting at all.

「押絵と旅する男」1929年(昭和4

この話が私の夢か私の一時的狂気のまぼろしでなかったならば、あの押絵おしえと旅をしていた男こそ狂人であったに相違そういない。

If this story wasn’t my dream or the illusion of my temporary madness, then the man who was traveling with that Oshie must have been a madman.

「孤島の鬼」1929年(昭和4

私はまだ三十にもならぬに、濃い髪の毛が、一本も残らず真白まっしろになっている。

I haven’t reached thirty yet, and all my dark hair has turned white.

「心理試験」1925年(大正14

蕗屋清一郎ふきやせいいちろうが、何故なぜこれからしるす様な恐ろしい悪事を思立ったか、その動機については詳しいことは分らぬ。
仮令たとい分ったとしてもこのお話には大して関係がないのだ。

I don’t know the details of why Seiichiro Fukiya thought of the horrific wrongdoing that I’m about to write. Also, even if it turns out to be a provisional order, it has nothing to do with this story.

「人でなしの恋」1926年(大正15

門野かどの御存知ごぞんじでいらっしゃいましょう。十年以前になくなったせんの夫なのでございます。

Let’s know Kadono. He is the first husband who died ten years ago.

「海底の魔術師」1955年(昭和30

日東サルベージ会社の沈没船引きあげのしごとが、房総半島の東がわにある大戸おおと村の沖あいでおこなわれていました。

The work of pulling up the sunken ship of Nippon Salvage Company was carried out off the coast of Oto Village in the eastern part of the Boso Peninsula.

「赤いカブトムシ1958年 (昭和33年) 

あるにちよう日のごご、丹下サト子ちゃんと、木村ミドリちゃんと、野崎サユリちゃんの三人が、友だちのところへあそびに行ったかえりに、世田谷区のさびしい町を、手をつないで歩いていました。三人とも、小学校三年生のなかよしです。

One Sunday afternoon, Satoko Tange, Midori Kimura, and Sayuri Nozaki went to play with their friends and walked hand in hand in the lonely town of Setagaya Setagaya Ward. Was there. All three are good friends in the third grade of elementary school.

江戸川乱歩(えどがわらんぽ、Edogawa Ranpo 1894年〈明治27年〉10月21日 – 1965年〈昭和40年〉7月28日)

最新情報をチェックしよう!

小説の最新記事8件