TAG

idea


  • Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c3446304/public_html/giyaku.com/wp-content/themes/the-thor/inc/front/archive_controller.php on line 55
    新着順

  • Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/c3446304/public_html/giyaku.com/wp-content/themes/the-thor/inc/front/archive_controller.php on line 73
    人気順

村上春樹は、こう書きだした。

「風の歌を聴け」1979年 (昭和54年)  完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。 There is no perfect sentence. Just as there is no perfect despair. 「1973年のピンボール」1980年 (昭和55年)  見知らぬ土地の話を聞くのが病的に好きだった。 I was morbidly fond of […]

安部公房は、こう書きだした。

「赤い繭」1950年 (昭和25年)  日が暮れかかる。人はねぐらに急ぐときだが、おれには帰る家がない。 The day goes by. People have a rushing color in the roost, and I have no home to go home. 「壁」1951年 (昭和26年)  目を覚ましました。朝、目を覚ますということは、いつもあることで、別に変ったこと […]

芥川龍之介は、こう書きだした。

「羅生門」1915年(大正4年) ある日の暮方の事である。一人の下人げにんが、羅生門らしょうもんの下で雨やみを待っていた。 It’s the way of life one day. A servant was waiting for the rain under Rashomon. 「鼻」1916年(大正5年) 禅智内供ぜんちないぐの鼻と云えば、池いけの尾おで知らない者はない。 Sp […]

夏目漱石は、こう書きだした。

「吾輩は猫である」1905年(明治38年) 吾輩は猫である。名前はまだない。 I am a cat. there is no name yet. 「倫敦塔」1905年(明治38年) 二年の留学中ただ一度倫敦塔ロンドンとうを見物した事がある。 Only once during my two years studying abroad in London I have seen the tower. […]